レンタルオフィス・バーチャルオフィス・貸会議室

バーチャルオフィス

 

バーチャルオフィスとは当施設にて会社設立した場合に送られてくる郵便物を代行して受け取り、毎週末に転送するサービスです。

電話受付

 


 

■サービス説明

郵便物転送:オフィスに届いた郵便物を週1回ご指定住所へ転送いたします。
03転送電話:東京03番号にて発着信ができる転送電話サービスです。
秘書代行:専用スタッフがかかってきた電話を代行応対し要件をメールにてご報告いたします。
インターネットファックス:FAX回線を使わず、インターネットに接続されたPCだけでFAXを送受信します。
料金プラン

 
■契約時提出書類
・銀行届出印
・代表者の顔写真付身分証明書
・郵便物転送住所地の公共料金明細
・[法人の場合]商業登記簿謄本
 

神田貸会議室A

 神田貸会議室A 

神田貸会議室B

 神田貸会議室B

                   

 

よくある質問Q&A
 
Q.バーチャルオフィスとはどんなサービスですか?
バーチャルオフィスとはオフィス空間を実際に構えることなく法人登記住所・郵便物受取代行・転送電話・インターネットFAX・電話秘書代行、貸会議室等ビジネスを行うために最低限必要な環境を提供するサービスです。このサービスにより本来オフィスを借りる際にかかる契約金(賃料の6~10ヶ月相当分)や月々の賃料、人件費等のランニングコストを大幅に削減します。最近では起業家をはじめ支店開設やオフィス経費削減のためにバーチャルオフィスを利用する企業も増えています。
 
 
Q.法人登記住所としての利用は可能ですか?
はい。
バーチャルオフィス基本料金に含まれています。
 
 
Q.新規会社設立の場合は個人と法人どちらの申込みになりますか?
最初に個人申込み、契約をしていただいた後に法人登記手続きをしていただきます。
登記完了後に謄本のご提出をいただければ法人契約に切り替えをいたします。
 
 
Q.内見することはできますか?
はい。
内見は随時受け付けております。
内見ご希望の場合はメール・電話にて事前にご連絡ください。
なおご利用をお急ぎの方は内見時に申込み手続きをすることもできます。
 
 
Q.最寄駅はどちらですか?
JR山手線神田駅または地下鉄大手町駅各出口から徒歩5分に位置します。
 
 
Q.住所はどこにでも記載できますか?
名刺やインターネットホームページ等に記載できます。
なおWEB掲載は別途表示方法規定がございますので事前にお問い合わせください。
 
 
Q.業種・用途の利用制限について教えてください。
下記の業種・用途に該当するものは住所利用はできません。
・住民票、パスポートその他居住の実態のある場所に置くべきものに利用すること
・アダルトサイト・水商売・出会い系サイト・ネットワークビジネス・マルチ商法・ギャンブル・情報販売等
・多量(1ヶ月で通算5通以上)の資料請求をすること
・ダイレクトメール(郵送)、スパムメールの送付元として記載すること。
・政治活動、宗教活動、暴力団活動に利用すること
・投資、融資など金融に係わる事業に利用すること
・携帯電話や通信の契約を2件以上行うこと